Air Brog

*Air falcon style*

【本編】この時期だから言えるIphone8+1万円相当品を無料で手に入れたストーリー

こんにちは。Air falconです。

今日の記事は4,000字の構成となっております。読むのに時間がかかると思いますので、余裕のあるときにお読み頂けましたら幸いです。

 

予告編ご覧になってから本編を読んだ方が内容が分かりやすくなっております。まだ、読んでいない方は予告編をみてください。↓↓

 

www.airfalcon.site

f:id:airfalcon:20180921211832p:plain

 

今回のストーリー構成はこのようになっております。

 

 

 

なぜ、Iphone10SではなくIphone8を購入したのか

f:id:airfalcon:20180921210525p:plain

こちらをご覧下さい。私が独自にまとめたIphone10S情報とIphone8の比較表です。私は子供の頃からモバイル端末に求めている面は、ハード面と機能性とコストです。

 

比較してみると、、

  • 色は、8の方が多い(8>10)
  • 大きさは、8の方が小さい。さらに薄型である(8>10)
  • 重さは、8の方が軽い。(8>10)
  • ディスプレイは、10の方が大きい(8<10)
  • 画像解像度は、10の方がより鮮明(8<10)
  • 価格は、8の方が5万円安い(8>10)

今回のIphone10s商品発表に対する批判は相次いでいるそうです。批判したい気持ちも分かりますが、画像解像度の進化やsuper Retinaディスプレイは魅力的です。その技術進化は、その専門分野では目を光らせる物です。しかし、世の中の需要とマッチしなかった。これが今回の批判が相次ぐ理由だと思います。批判するならあなたが作ればいい。作ってみるとこの技術進化がどれほどの価値を有するかが分かるはず。

 

私のニーズはハード面と機能性とコストです。私の買い物論上Iphone8で十二分に満たしていたのです。

 

わたしのcase

私は先のブログにて、ポケットWi-FiとIphoneSE両方を交換しようとしていることを書きました。ここで、盲点であったことが途中で故障してしまい契約期間内のため、違約金がかかるのです。まとめると

 

  • IphoneSEをIphone8に変えたい
  • ポケットWi-Fiは変えても良いが、外出先でもInternet回線を使いたい
  • ポケットWi-FiとIphoneSEは契約期間内のため、違約金が発生する

↓ 結果

  • IphoneSEをIphone8に変えた
  • ポケットWi-Fiを解約して、自宅Wi-Fi SoftBankAIRを導入・Iphone8にテザリングオプションをつけた
  • 違約金関連は、下記参照
  • Iphone機種代金相当の割引と1万円相当の品を頂いた。

となりました。では、そのprocessをご紹介します。

 

process1:ワイモバイル公式店舗に訪問

f:id:airfalcon:20180921231550p:plain

引用:https://www.ymobile.jpより

今回、ワイモバイル公式ショップに出向きある情報を入手しました。それは、Apple社はもうIphone6sとIphoneSEは廃盤となったため、近々店頭にはIphone7が流入してくるそうです。ちなみに、Iphone6sの上位機種がIphoneSEに当たるため、すでに所持している私はIphoneSEを購入しようと思いませんでした。その旨を伝えたところ、店頭内にIphone8の在庫があるとのこと。

 

なんと、ワイモバイルショップ毎にソフトバンクと連携して、Iphone8を非公式に契約をしているんだとか。やはり、販売店毎にノルマやタスクがあるため、あらゆる手を使って集客を図っているようです。

 

そこで、提示してもらった見積もり表の金額が

Iphone8 64GB 機種代金86400円(1800×48回払い)

−機種代金割引(450×48回)

−キャンペーンで機種代金割引 (450×48回)

=Iphone8実質機種代金負担金900円×48回・・・①

 

ソフトバンク契約プラン

通話プラン1200円

Web使用料300円

テザリングオプション500円

データ定額50GB +(いわゆる無制限というやつです)5980円

−1年お得割1080円

−光セット割1080円(自宅Wi-Fiとセットです)

=ソフトバンク契約料実質契約代金負担金5820円・・・②

 

ポケットWi-Fiを解約し、ソフトバンクAir(自宅Wi-Fi)を購入

 Softbank AIR 月々4644円・・・③

 

①+②+③=11364円・・・月々負担金額

+ワイモバイルポケットWi-Fiを違約金0かつIphoneSEの違約金0円サービス

(変更前契約状況は、月々7248円)

・・・・うーん。ということで、ワイモバイル公式店舗の店員さんと仲良くなったところで場所移動

 

process2:家電量販店に訪問

 

f:id:airfalcon:20180921231742p:plain

引用:https://www.yodobashi.comより

ワイモバイルで出力して頂いた見積書をヨドバシカメラ内のSoftBank公式ショップに見せました。

 

店員『見積書と変化を加えることは難しいですね。でも、ヨドバシカメラ商品券10000円と20000円の現金キャッシュバックができます。しかし、ポケットWi-Fiの解約違約金10260円は発生してしまいます。今ならJBLの12000円のスピーカーもつけます。』とのこと。つまり、

①+②+③=11364円・・・月々負担金額

+IphoneSEの違約金0円サービス

+商品券10000円サービス

+現金20000円cash backサービス

+JBL12000円スピーカーをサービス

−ポケットWi-Fi解約違約金10260円

 

→つまり、ポケットWi-Fi違約金と商品券が相殺されて、ワイモバイル公式ショップよりも20000円のキャッシュバックとJBLスピーカーがお得になる。

 

 

この情報をワイモバイルの店舗に相談。。

 

 

process3:ワイモバイル公式店舗電話相談

f:id:airfalcon:20180921231550p:plain

引用:https://www.ymobile.jpより

『今、家電量販店に来ていて先ほどのプランに20000円の商品券とJBLのスピーカーをサービスしてくれるみたいです。家電量販店で契約をしようかなと傾きかけてるのですが、何かサービスとかは可能ですか?』と。そしたら、

『機種代金を900円×48回値引きとしていましたが、価格操作をして54000円(1125円×48回)値引き致しますし、2万円のcash backをウチの方でも用意させて頂きます。これ以上は、難しいと思います。』つまり、

 

①+②+③=11139円・・・月々負担金額

+IphoneSEの違約金0円サービス

+ポケットWi-Fi解約違約金0円サービス

+現金20000円cash backサービス

とのこと。

 

まとめると、ヨドバシでは12000円スピーカーのサービスであるが、ワイモバイル公式ショップでは価格操作により10800円相当(225円×48回)の割引をさらに受けられるということに。この部分では、ヨドバシでは物がもらえるが月料金は高い。反面、ヨドバシでは月料金は安いが、物の値段よりは割引が少ない。

 

この情報をヨドバシカメラに相談。

 

 

process4:ヨドバシカメラに相談

f:id:airfalcon:20180921231742p:plain

引用:https://www.yodobashi.comより

 

『ちょっと待って頂けますか。値段交渉に行ってまいります。』と

 

すると、ヨドバシさんでも価格操作54000円引きができるとのことでした。つまり、ヨドバシさんが提示した条件は、

 

①+②+③=11139円・・・月々負担金額

+IphoneSEの違約金0円サービス

+商品券10000円サービス

+現金20000円cash backサービス

+JBL12000円スピーカーをサービス

−ポケットWi-Fi解約違約金10260円

 

 

となります。私はそこまでケチでもありませんし、2社の客引きをそこまで煽るつもりもありませんでしたが、ここまでのサービスをしてくれるとのこと。その後、ワイモバイルさんにはヨドバシで契約することを伝えました。

 

まとめ

 

これまでのプロセスをまとめますと、

f:id:airfalcon:20180921212954p:plain

本体代金86400円

54000円値引き

現金20000円キャッシュバック

商品券10000円バック

+JBLスピーカー12000円相当

 

ほぼほぼIphone8は無償かつ12000円スピーカーも手に入りました。本来であれば、月々11364円+ポケットWi-Fi違約金+IphoneSE違約金が発生する予定でした。ところが、月々11139円+違約金関係0円+20000円cash back+12000円スピーカー(ポケットWi-Fi違約金は商品券で相殺)となりました。

 

結論づけると、SoftBank社の子会社に販売店SoftBankショップとワイモバイルショップがあります。その販売店同士の価格競争を行ってもらっただけで、最大値引き操作と数値の操作がきかないのなら、商品券or物で代償してもらった形です。

 

『私はスピーカー持ってるので、要りません。』と冷たく一言はなったらヨドバシカメラの店員さんは冷や汗を流しながら別の物を持って来てくれようとしてくださいました。それは、流石に申し訳なかったのでメルカリにでも定価より少なくして現金化しようと思います。

 

 

 

現代の通信費用相場は、自宅WiFi合わせて10000~12000円が相場です。しかし、海外相場と比べると非常に日本の通信費は高くついているようです。これは、日本に住んでいる以上批判なんかしていても変わらないこと。では、どうしたら相場よりも有効に立ち振舞えるかを考えていく必要があります。その中でも、自分のニーズがブレてしまうと立ち振る舞いの中に”揺らぎ”が生じてしまいます。

 

自分のニーズを明白にしてから行動することをお勧め致します。

 

今日は、この辺でおしまい。 

 

 

[rakuten:mobilestation:10032602:detail]


Zedd, Alessia Cara - Stay (Live On The American Music Awards - 2017)

 

○●○●○●○●○拙い文章ですが、読んで下さりありがとうございました。○●○●○●○●○

 

 

~Thank you for visiting~ * 20th posting*    
  

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ