Air Brog

*Air falcon style*

【メルカリ】メルカリのノウハウを知ろう

こんにちは。Air falconです。

 

このブログ記事の最後にみなさんに報告があります。

f:id:airfalcon:20181020211129j:plain

 

 

【メルカリ】記事の数々

 

さて、私はこれまでいくつかの【メルカリ】記事を執筆してきました。 

 

 

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

www.airfalcon.site

 

9月半ばから、ブログ執筆とメルカリ出品者の活動を同時並行で進めてまいりました。その結果、メルカリ出品者として69830円の売り上げを計上しました。それも出品したほとんどの商品が自宅で眠っていた不用品です。9月半ばからはじめた私ですら、この売上金を計上できた訳ですから誰でもノウハウさえ掴めれば可能だと思います。如何にして、売買取引を成立させてきたかは上記記事を読んで頂ければ分かると思います。

 

 

メルカリ事業で必要な3つの要素

 

  1. 出品前の目的を見失わない
  2. 価格相場すれすれのラインで勝負する
  3. 購入者目線での情報提供する

 

1.出品前の目的を見失わない

 

あなたが、その商品を出品した理由は何か?

 

私の場合、今回出品したほとんどの商品が『不用品』または『廃棄物』でした。そのため、売値はいくらでも私の利益になる。だから、定価の半額で売ることができた

 

時に、Appleのガジェット品も出品しました。その時は、価格相場のすれすれのラインで売ることが絶対条件であった。そのような場合、値引き交渉がきても応じなかった

 

この2つの行動を臨機応変に取ることができたのは、『売る目的』をしっかりと明白にしていたからだと思います。『売る目的』が揺らいでいると、不必要に安く売ってしまったり、売買取引不成立になりやすいです。いわゆる出品者の『揺らぎ』は、購入者はすぐに分かります。

 

『売る目的』をしっかりと持って、出品することをおすすめします。

 

 

2.価格相場すれすれのラインで勝負する

 

価格相場すれすれのラインで勝負する方法。それは、同一商品をあらかじめメルカリ内検索すると概ね知ることが出来ます。この、価格相場すれすれで勝負することはすなわち、リサイクルショップで出品される価格と同一価格での売買を再現することと一緒です。

 

つまり、個人出品であろうとリサイクル企業と同等の売買取引を行うことが出来ます。これは、出品者購入者双方にWin-Win関係になることが出来るのでぜひオススメです。

 

3.購入者目線での情報提供をする

 

f:id:airfalcon:20181001203342p:plain

個人出品者の評価基準は、やはり商品レビューに限ります。『悪い』評価が一つでも着いてしまうと、『信用』を失うも等しいです。顔が見えない相手との取引には、『信用』が欠かせません。

 

『信用』を得るためにはどうしたらいいか。それは、購入者目線での出品を心がけること。自分が購入者になったら、欲しい情報を掲載する。これが重要です。しかし、ここで一つ注意しなければならないのは、情報のてんこ盛りは客が逃げます。

 

情報が多すぎると購入者の頭の中で脳疲労を起こし、客離れします。情報提供は、シンプルに!!

 

 

最後に報告

 

9月中ばに始めたメルカリ出品者の活動ですが、出品数23品全てを売買成立して、69830円の売り上げを計上しました。この活動の当初目的は、自宅内の不用品を出品することにありました。

 

 

www.airfalcon.site

 

その目的を果たすことが出来たため、一次的にメルカリ活動は終了と致します。活動再開は、季節の変わり目を予定しています。あくまでも『部屋掃除』は終わりました。

 

 

ブログ記事投稿は継続していきますが、次回以降は【メルカリ】記事ではありませんのでご了承下さい。

 

 

 

ぜひ、この記事いいな!と思ったら読者登録して活動を応援して頂けたらと思います。

 

 

 

今日の動画

 

 


Mrs. GREEN APPLE - 「WanteD! WanteD!」 cover by Uh.

 

 

 

 

○●○●○●○●○拙い文章ですが、読んで下さりありがとうございました。○●○●○●○●○

 

 

~Thank you for visiting~