Air Brog

*Air falcon style*

【呼吸】鼻呼吸と口呼吸の違いによる健康面への影響について

こんにちは。Air falconです。

  

f:id:airfalcon:20181111135526p:plain

   最近、友人と夜寝る時によだれが垂れるか垂れないかということで話をしていて、『どうして、寝ている時によだれが出てしまうのだろう?』と疑問に思いました。通説では、よだれが出やすい人は虫歯が出来ないと言われています。 しかし、その友人は虫歯で歯医者に通院中でした。

 

 『夜寝ている時のよだれは、通説通りの健康なことではないのかな?』 そう思い、Google検索。

news.livedoor.com

 

 グーグル検索上、topの方に出ていた記事です。この記事の中段落あたりに、『寝ている時に口呼吸をしているのでは?』と指摘あり。寝ている時のよだれよりも、口呼吸と鼻呼吸の違いはなんだろなっと思い、今回の記事にしました。

 

 

 

 

当たり前の”呼吸”。当たり前だからこそ、見直したい

 

鼻と口はなんでついてるの?

f:id:airfalcon:20181111140509p:plain

・・・普段、鼻の通り道には何が通るか。それは、空気や匂いです。時々、宴会芸でスパゲッティを通す方もいらっしゃいますが、大抵は前述の通り。

 

口・・・普段、口の通り道には何が通るか。それは、食べ物や空気です。

 

ここから、分かることは鼻は気体が通り口は咀嚼した固体が通るということ。この構造を知ると、口で呼吸したら口の仕事量が増えてしまうことは分かりますよね?では、口呼吸と鼻呼吸の健康面への影響を調べて行きます。

 

鼻呼吸が体へ与える影響について

f:id:airfalcon:20181111141300p:plain

鼻呼吸をすることでどんな影響があるのか

  • 免疫力アップ
  • 風邪をひきにくい
  • 呼吸器疾患の改善

理由

  • 鼻毛が空気のフィルターの役割を担う
  • 鼻腔内を通ることで空気が加湿される
  • 上記の2つの理由から、質の良い空気で呼吸ができる 

引用:

www.so-net.ne.jp

 

口呼吸が体へ与える影響について

 

f:id:airfalcon:20181111142002p:plain

口呼吸をすることで体へどのような影響があるのか

  • 口腔内が乾燥し、唾液が持つ殺菌力がなくなる
  • 免疫が低下する、風邪を引きやすくなる
  • 口呼吸では前頭葉の活動が休まらず、慢性的な疲労状態に陥りやすくなる

理由

  • 鼻と異なり、空気のフィルターや加湿機能がない状態で、ダイレクトに咽頭・喉頭に空気が当たるため
  • 乾燥された冷たい空気がそのまま通るため

引用:

yoshiya-hasegawa.com

 

 調べてて分かりましたが、『口呼吸 メリット』で検索して、トップにくる記事が口呼吸 デメリットでした。私なりに、メリットを考えましたが、長距離走などを走った際に空気の通り道が広い口を使うのかな?と思いました。ただし、長距離走っている際は体温上昇し、飲水もしているので、口腔内は加湿・保温されているので、風邪を引かないのだと思います。しかし、長距離走後に薄着で遊んでたら、風邪を引きます。。

 

まとめ

f:id:airfalcon:20181111142919p:plain

 鼻呼吸・口呼吸の違いよりも、体内の保温・保湿・空気のフィルターが完備されている点が重要だと思います。鼻に限らず、部屋の温度や湿度、部屋掃除が健康のためには欠かせないのかなと思いました。

 私は今シーズン、空気清浄機・サーキュレーターを購入したことにより、部屋の空気は常に循環しています。みなさんも一度Air conditioningをしてみてはいかがですか?

 

今回の記事がいいね!と思っていただけましたら、読者登録をお願いいたします。 

 

*おすすめYoutube*

 

 


【MV】カイワレハンマー「GO MY WAY-STEP BY STEP-」 Full

 

 

○●○●○●○●○拙い文章ですが、読んで下さりありがとうございました。○●○●○●○●○

 

 

~Thank you for visiting~